最先端のがん治療情報と、変化していく医療の常識

現代のがん治療の最新情報

医療技術が発達した現代では、がんの治療も日々進化しています。もちろん、どんな治療でも旬な時期があったり、組み合わせによって威力が変わる事もあります。「がん治療設計」という言葉をご存じですか?がんと診断された方が、標準治療とがん先端医療を組み合わせて医師と一緒に完治を目指していくといった方法です。患者様の症状や、これまでの治療方法をヒアリングし、どのような先端医療を利用できるのか、希望される先端医療と基準治療を組み合わせ、1人1人の患者様に合った治療法が提供されているのです。

最先端の治療技術とは

現代では、がんになったら抗がん剤を投与する事だけが治療ではありません。「免疫療法」というサイトカインの投与、細胞の移入、免疫強化などの治療法や、「ANK細胞療法」といった免疫の力でがん細胞を殺傷する画期的な治療もあります。抗がん剤治療といえば、とにかく苦しくてハードなイメージが強いですが、がん治療もどんどん進化し、患者様の負担を極力減らす治療が開発されてきてるのです。そのうち、飲み薬などでがんが治るようになってほしいものですね。

時代と共に変化する常識

時代の進化と共に、がんの常識も変化を遂げています。昔は、がんになったら切除手術というのが一般的な考えでした。しかし、がんによっては手術以外の治療法がいいのでは、という考えが近年では主流になっていき、その結果、負担の少ない治療法がどんどん開発されているのです。がんは日本人の死因の第1位ですが、これだけ医療技術が日々進化していけば、近い将来、医療の常識が覆り、がんは簡単に治る病気になってしまうかもしれません。

今までのがん治療は手術でがん細胞を取り除いたり、抗がん剤治療がメインでしたが、これからのがん先端治療は体が元々持っている免疫を利用したものが開発されています。