占い師とセラピストは同じような職業かも!?

悩みを相談できる人がいますか?

あなたには、どんな悩みでも包み隠さずに相談できる人がいますか?悩みすぎて心の病にかかってしまった人は、精神科や心療内科に行くでしょう。病院に行くほどではない、でも誰かに聞いてほしい、そんなときに人は占い師に会いに行くのかもしれません。お気に入りの占い師がいて定期的に通っている人も少なくないと思います。それはなぜでしょうか?あなたの話をきちんと聞いてくれるからではないですか?または、的確なアドバイスをくれるからではないですか?誰だって自分の話を気兼ねすることなく、きちんと聞いてもらいたいものです。そして、客の話を聞くのもまた、占い師にとっての仕事なのです。

アドバイスをくれる人はいますか?

もしも自分が何か決断を迷っているとき、誰かに客観的に判断を下してほしいと思ったことはありませんか?そんなときに人は占い師に会いに行くのかもしれません。占い師は占いによってあなたにアドバイスをくれるでしょう。あるいは、「これをしなさい」「〇〇に行きなさい」と的確にアドバイス以上の指示をする占い師もいるでしょう。従うか従わないかはあなた次第ですが、このようにはっきりと言ってもらうことによって、決心がつく人もいます。逆に自分の本当の気もちに気づかされることもあります。そうやって客の気もちを導いていくのもまた占い師の仕事なのです。

占い師の本当の仕事とは

占い師の仕事とは何でしょうか?未来を当てることでしょうか?未来を的確に当てる占い師と、客の話をきちんと聞いてくれる占い師とではどちらが人気があると思いますか?もしかすると後者かもしれません。占い師は客の話を色々と聞いているうちに、誘導尋問ではないですが、客が本当は何を言ってほしいのか何となくわかるそうです。この場合、未来を当てるよりは、客の今抱えている問題について、どう対処するべきか、方法を導いていくのもまた仕事になります。セラピストは解決法を一緒に考えますが、占い師の仕事は背中を押すか、あるいは前からそっと引っぱる感じなのかもしれませんね。

占い師が当たるのは当たり前の事です。そのため、現在では占いが人気となっており、当たると評判の良い占い師が多いです。