包茎手術をしたら、何に気を付けなくてはいけないのか

気を付けたい手術後のトラブル

包茎手術で多いトラブルは、何よりも手術をした後のケアをおろそかにしてしまう事です。せっかく手術をしたのですから、ケアもしっかりと行って、トラブルを未然に防ぎたいものです。包茎手術は、あまり危険な手術ではありませんが、メスをつかった手術である事に変わりはありません。ですので、手術が終わったらすぐに喜ぶのではなく、きちんと先生の話を聞いて、どうやってケアをしていけば良いのかというのを確認するようにしましょう。

包茎手術後のお風呂について

包茎手術をした後は、行動を制限される事があります。ですので、手術をする前にはきちんと計画を立てて、いざ手術を受けた後に、焦らないようにしておく事が大切です。包茎手術をした後の数日間は、手術箇所に包帯をしたままの状態になります。ですので、入浴を禁止される事が多いのです。もちろん、手術箇所を濡らさないように、身体を拭くことは出来ますが、お風呂に入れないのは辛いですよね。手術前はきちんとお風呂に入っておきましょう。

3週間程度は見ておこう

包茎手術をした後、2週間程度は、場合によってはシャワーの許可は下りる可能性があります。何故かと申しますと、包帯を変えたり、手術箇所の消毒が出来るようになってくるからです。ですが、傷口の状態によっては、入浴制限が掛かってしまう可能性がありますので、自己判断はせずに、医師の言う事を守る事が大切です。ですが、3週間も経てば、殆どの人が入浴制限も無くなり、普通にお風呂に入っても問題ないでしょう。包茎手術後は、きちんと医師の言う事を守りましょう。

包茎には3つのタイプがあり、平常時は包皮が亀頭を覆っている「仮性」、包皮口が狭い「カントン」、包皮口が非常に狭いまたは亀頭と包皮の癒着により亀頭が常に包皮に覆われている「真性」があります。